So-net無料ブログ作成
ピース又吉 ブログトップ

又吉の小説 『 火花 』 の感想、評判がいい! [ピース又吉]

又吉の小説 『 火花 』 の感想、評判がいい!

文學界2月号 又吉の作品 「火花」.jpg
ピース・又吉さん、純文学で文芸誌デビュー、文學界2月号 「火花」

スポンサードリンク





◆初の純文学作品 「火花」

独特の風貌の人気お笑いコンビ「ピース」の
又吉直樹さん(34)が、小説家としてのデビュー作品の
評判がいい。

文芸雑誌「文學界」で、7日発売したばかりで、
9日には、当初部数の3倍となる3万部を増刷する人気ぶり。

80年以上の歴史を持つ文芸雑誌「文學界」が、
昭和8年の創刊以来初めて増刷というのも驚きだ。

◆ 「火花」の作品の内容

「火花」は、芸人である「僕」を語り手に、才気あふれる先輩芸人と
過ごした濃密な青春、先輩芸人の才気と挫折を描いている。

又吉が、自分なりに人間を見つめて書いた作品という。
原稿用紙、230枚の文章は、又吉としても、一番長い作品という。

読書好きの又吉通算2000冊以上の本を読んでいるという。

自分の生きざまを
「人間を深く掘り下げた小説に何度も救われてきました。」
といえるだけに、自分の小説も一端が現われているようだ。

又吉は、独特のキャラを持ちあわせているので、今後さらに
人気が上がるでしょう。

文学小説家としての又吉の人気も上がるでしょう!


◆又吉の小説 『 火花 』 ツイッターの感想

又吉の「火花」おもしろかった。テンポが良くて一気に読んだ。こんな風に人間観察するんだ、こんな風に感じてこんな風に表現するんだ、と感心しまくり。

ゆう @qwayou2 2015-01-10 17:32:51

又吉さんの火花、読んでみたけど東京の地理がわかんないから面白さ半減なんだろーなって思うと、ちょっとせつない。

みつき @bon2012466 2015-01-10 17:27:30

又吉直樹「火花」読んだ。神谷というめちゃくちゃな漫才師の個性が強すぎるけど、最初は控えめな僕(徳永)が神谷の個性とは違うあっていい。周りくどい自分探しのようなもので、すでにある結論を出すにはやたら時間がかかってしまってもその葛藤を笑い飛ばしてしまうのが神谷かな。

バーニング @burningsan 2015-01-10 16:16:07

ピース又吉の小説「火花」読んだ!
すごく面白かったし感動もした!
スパークスの最後の漫才が良かった^ ^

otk... @Charliedayo 2015-01-10 15:31:56

ピース・又吉による初の純文学小説『火花』が、とにかく心地よい http://t.co/mikFPlgIaB @cinranetさんから

K.Hisamatsu @PopeyeCityboy 2015-01-10 15:08:06

「火花」読了。又吉さんの話であり、相方や前の相方や同期や親しい先輩の話であり、TVに出ない多くの芸人の話であり、都会に出てきて都会に取り残されてゆく人達の話でもあった。タイトルと、最後の花火のくだりが凄い。なんかこういうの読んで泣くのは違う気がするけど感情揺さぶられすぎました。

三浦 @pocono8 2015-01-10 14:35:39

又吉さんの『火花』早速読みました!純文学でありながら、エッセイや短編で見かける又吉テイストも味わえ、最後の方に出てくる漫才のシーンには胸と目頭が熱くなるものがありました!又吉さんの胸にある熱い思いを形にしているこの作品、ファンの人も、本好きの人も是非一度読んでみてください!

生駒市 図書館 @Ikoma_library 2015-01-10 13:41:14


スポンサードリンク





ピース又吉の小説効果で、『文學界』が史上最高の累計4万部を記録! [ピース又吉]

ピース又吉の小説効果で、『文學界』が史上最高の累計4万部を記録!

文學界2月号 又吉の作品 「火花」.jpg
お笑い芸人のピース・又吉さん、純文学で文芸誌デビュー

スポンサードリンク





初の純文学作品 「火花」

独特の風貌の 人気お笑いコンビ「ピース」の
又吉直樹さん(34)が、小説家としてのデビュー。

今回は、初の純文学作品 「火花」で
文芸誌デビューしました。

文芸春秋の月刊誌「文学界」2月号に掲載されます。

文芸春秋の月刊誌「文学界」の武藤旬編集長のコメントが
すごいのです。

「鋭い観察眼と独自の文体を持っている。
知名度のあるタレントだからではなく大型新人作家として大きく
扱いたいと思った」

その通りといっていいか、
ピース又吉の小説効果で大増刷!
『文學界』が史上最高の累計4万部に!

それも、7日発売したばかりで、9日には、当初部数の
3倍となる3万部を増刷することが明らかになった。

80年以上の歴史を持つ文芸雑誌「文學界」が、
昭和8年の創刊以来初めて増刷というのも驚きだ。

文芸春秋の月刊誌「文学界」の武藤旬編集長のコメント

「(又吉は)鋭い観察眼と独自の文体を持っている。
知名度のあるタレントだからではなく大型新人作家として大きく
扱いたいと思った。

普段、文芸誌を手にとらない10代、20代にもよく売れている。
それだけ普遍的なテーマ性と、ポピュラリティーを兼ねそなえた
小説だからではないか」

今後の文学小説家としての又吉として、さらに活躍が期待でき、
注目が集まるでしょう!


◆文芸春秋の月刊誌「文学界」で異例の累計4万部

ピース又吉が異例の純文学デビュー?!さまざまなジャンルで活躍するマルチな芸人たち http://t.co/b1olidDS8m

水島 沙耶 @ywzi2mo8 2015-01-10 16:34:00

【優しさ溢れる素敵な物語。味わい深い俳句。大切な人に贈りたい。】芸人・ピース又吉直樹氏推薦、堀本裕樹の青春小説『いるか句会へようこそ!』(駿河台出版社)大好評発売中!挿画は「泣くな、はらちゃん」のビブオ氏が担当。 http://t.co/ypj0JptGdf #いるか句会

堀本裕樹スタッフ @17on_no_yoru 2015-01-10 16:27:29

「ボケるの忘れてました」ピース又吉”小説効果”『文學界』83年の歴史上初の増刷決定!。φ(・ω・`)

世界に笑いを @jlcrku 2015-01-10 15:56:02

ピース又吉さん作品掲載「文学界」が再増刷、計4万部に⇒詳細: http://t.co/UjIqJaUagj

にゃんまー @nyanmachan 2015-01-10 15:53:53

ピースの又吉さん純文学書いて、載った雑誌が増刷されるほど売れてるらしい、面白いとか、気になるやん
http://t.co/zhgOFMgaO9

おにか(おにかにー) @ymb516 2015-01-10 15:42:59

文学界2月号が、ピース又吉さんの小説で、えらい売れ行きらしい。早速読んでみました。漢字が多いのに読み易いのは、率直な文章だからかもね。ああそういえば「老いた批評家が幅をきかせる業界は衰退する」みたいな一文もあったで。

小野町子 @onomachiko 2015-01-10 15:42:25


スポンサードリンク





ピース 又吉の 学歴、文学小説家としてデビュー [ピース又吉]

ピース 又吉の 学歴、文学小説家としてデビュー

ピース・又吉直樹.jpg

スポンサードリンク






お笑い芸人のピース・又吉さん、純文学で文芸誌デビュー

独特の風貌の 人気お笑いコンビ「ピース」の
又吉直樹さん(34)が、今回隠れた才能を開花させそうだ。

それも文学小説家としてのデビューを果たす。

読書家で知られる又吉さんは、以前にも自伝的短編
を発表したことはあるが、今回は、初の純文学作品
を執筆し文芸誌デビューすることになりました。

作品は、文芸春秋の月刊誌「文学界」2月号に掲載されます。

中編小説「火花」で、

若手芸人の「僕」を語り手に、濃密な日々をともに過ごした
先輩芸人の才気と挫折を描く。
400字詰め原稿用紙で230枚の作品という。

タレントが小説の単行本を出す例は数多くありますが、
今回の文芸春秋の月刊誌「文学界」の掲載は、
それほどまでに、質の高い作品という事です。

文芸春秋の月刊誌「文学界」の武藤旬編集長のコメントが
すごいのです。

「鋭い観察眼と独自の文体を持っている。
知名度のあるタレントだからではなく大型新人作家として大きく
扱いたいと思った」

今後の文学小説家としての又吉にも注目が集まるでしょう!


◆ピース又吉の学歴は、

芸能界でも、読書家と知られるピース又吉は、
その発言も、知的と評判だ。

関西大学北陽高校卒業といいます。
相方の綾部は、茨城県立境西校卒業。

北陽高校は、サッカーの超名門学校で、
又吉もそのサッカー部に所属していたようです。

そして、又吉は、読書家。

読書家といわれるのも、暇があれば、本を読む
大の読書好き。通算2000冊以上の本というので、
桁外れの量だ。

好きな作家は、太宰治、芥川龍之介、中村文則
といいます。

こういった読書の知識は、ピース又吉は、自分の
発言にも、出てくるようです。インテリ的な発言も
妙に納得できます。

ピースの2人は、それぞれが、独特のキャラを
持ちあわせているので、今後さらに人気が上がる
でしょう。


スポンサードリンク







ピース又吉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。